電子申請に関するさまざまな情報を、まとめました

電子申請まとめ

e-Gov(イーガブ)とは

手数料などの納付

更新日:

うさぎ
届出や手続きには、手数料がかかるものがあるよね。電子申請では、手数料はどうやって払えばいいの?

パンダ
インターネットバンキングやモバイルバンキング、ペイジー対応ATM(現金自動預け払い機)で支払うことができるよ。

うさぎ
インターネットから支払えるってこと?

手数料などの納付

e-Gov(イーガブ)で行った手続・届出において、手数料等の納付金が必要な場合は、電子申請を行う際に、電子納付を行うかどうか選択することができます。
電子納付を選択した場合は、インターネットバンキングまたはATMなどで納付することができます。

【1】手数料の支払い方(電子納付の種類)
【2】電子納付を行うときに必要な情報
【3】電子納付を行うための事前準備
【4】納付が可能な時間帯とは
【5】電子納付後の注意点




.
【1】手数料の支払い方(電子納付の種類)
e-Govの申請を行う際、手数料等の電子納付を選択した場合に利用できる手数料の支払い方法は、下記の通りです。
 
●インターネットバンキング
●モバイルバンキング
●ペイジー対応ATM(現金自動預け払い機)
 
インターネットバンキングとは、インターネットを介した銀行の取引サービスです。
インターネット上の専用のサイトから、残高照会や振込み、振り替えなどの様々な取引を行うことができます。
ほとんどの銀行で利用することができますが、利用には別途申し込みが必要です。
 
モバイルバンキングとは、携帯電話(フィーチャーフォン、ガラケー)からインターネット介して銀行の取引サービスを行うことができるサービスです。
利用には別途申し込みが必要です。
 
ペイジー対応ATM(現金自動預け払い機)とは、ペイジーというサービスに対応したATMのことです。
ペイジー(Pay-easy)とは、税金や公共料金、各種料金などを、ATMやパソコン、スマートフォン、携帯電話から支払うことができるサービスです。
ペイジーに対応した金融機関およびATMは、こちらから検索できます
 
.
【2】電子納付を行うときに必要な情報
電子申請を行う際に、手数料等の電子納付を選択すると、申請画面上に(1)納付番号、(2)確認番号、(3)収納機関番号が表示されます。
これらは、電子納付を行うときに必要な重要な情報です。
ペイジー対応ATM(現金自動預け払い機)等から納付する場合には、ATMでこの番号の入力を求められます。
番号を控えたメモ等を忘れないよう、注意が必要です。
 
(1)~(3)の番号や納付状況、金額などの情報は、e-Gov(イーガブ)の状況照会画面で、到達番号と問合せ番号を入力することにより確認することができます。
 
.
【3】電子納付を行うための事前準備
インターネットバンキング、モバイルバンキングで電子納付を行う場合は、あらかじめ取引先金融機関によるインターネットバンキング、モバイルバンキングを利用できる状態にしておく必要があります。

金融機関によってはATMを利用できる場合があります。
この場合には、インターネットバンキング等の利用申し込みは必要ありません。

電子納付に対応した金融機関については、こちらをご参照ください


.
【4】納付が可能な時間帯とは
電子納付を利用できる時間帯は、各金融機関の利用時間と同じです。
金融機関側の機器メンテナンス等により利用できない場合もありますので注意が必要です。

.
【5】電子納付後の注意点
電子納付後、支払いが完了したことが確認できるようになるまで、時間がかかる場合があります。
この間に再度、手数料等の支払い手続をしてしまうと、二重に引き落とされてしまうおそれがありますので、注意が必要です。



うさぎ
手続きにかかる手数料もインターネットから払えるなら、本当にお役所へ行かなくてもよくなるね。

うさぎ
でも、申請後に発行される公文書はどうなるの?

パンダ
それも原則、電子化されるんだよ。

⇒e-Gov(イーガブ)申請後に発行される公文書はどうなるの?

-e-Gov(イーガブ)とは

Copyright© 電子申請まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.