電子申請に関するさまざまな情報を、まとめました

電子申請まとめ

e-Gov(イーガブ)とは

e-Gov(イーガブ)申請後に発行される公文書はどうなるの?

更新日:

うさぎ
届出や手続きをすると、通常、書類が交付されるよね。手続・届出が完了した証明書とか。

うさぎ
電子申請をしたときは、そういう書類はどうやって交付されるの?

パンダ
それも原則、電子化されるんだ。

電子申請後に発行される公文書(電子公文書)

e-Gov(イーガブ)から電子申請をすると、申請先行政機関から発行される公文書等も、原則電子化されます。
事業主の保管や被保険者への交付については、電子、または、紙が選択できます。

例)雇用保険関係手続き 被保険者へ交付するとき

【電子媒体で交付する場合】
事業主は、被保険者証および雇用保険被保険者資格取得確認等通知書(被保険者通知用)を、PDFファイルで交付します。
被保険者は、電子媒体のまま保管しても、紙に印刷して不要な部分を切り離して保管してもどちらでも問題ありません。

【紙で交付する場合】
事業主は、被保険者証及び雇用保険被保険者資格取得確認等通知書(被保険者通知用)を紙に印刷し、キリトリ線に沿って不要な部分を切り離して交付します。
被保険者は、交付された紙を保管します。



【1】電子公文書の取得方法
【2】ダウンロードした電子公文書の確認方法
【3】電子公文書の取得ボタンが表示されない場合
【4】電子公文書が文字化けする場合の対処方法
【5】電子公文書と電子証明書の有効期限が一致しない場合
【6】電子公文書の検証方法
【7】電子公文書を検証したら「改ざんされています」と表示された場合




.
【1】電子公文書の取得方法
届出・手続きの審査終了後に、e-Gov電子申請システムから状況照会を行います。
状況照会の画面で到達番号、問合せ番号を入力し、「公文書・コメント通知一覧」から電子公文書を取得します。
状況確認の画面では、公文書に付与された電子署名・証明書の検証も行うことができます。

.
【2】ダウンロードした電子公文書の確認方法
公文書をダウンロードすると、複数のファイルが格納されたフォルダが作成されます。
公文書は、フォルダに格納されたファイルの中にある、拡張子が「.xml」となっているファイルです。

拡張子「.xml」が表示されないという場合は、パソコンの設定を変更して拡張子を表示する必要があります。
参照)拡張子を表示する方法
 
拡張子「.xml」となっているファイルを、ブラウザ(Internet Explolerなど)で開いて内容を確認します。
 
フォルダの中にある拡張子「.xml」以外のファイルには、公文書を閲覧するために必要な補助的ファイルも含まれます。
拡張子「.xml」のファイルを別の場所へ移動したいときには、フォルダ内のファイルをすべて移動する必要があります。
 




.
【3】電子公文書の取得ボタンが表示されない場合
電子公文書の取得を行うためには、お使いのパソコンでe-Gov電子申請システムを利用することができるよう事前準備を行っておく必要があります。
 
電子公文書の取得ボタンが表示されない場合は、当該パソコンで新たに準備を行うか、すでにe-Gov電子申請システムが利用できるよう準備されたパソコンを使います。
 
また、パソコンの空きメモリが著しく少なくなっている場合、取得ボタンが正しく表示されない場合があります。
不要なプログラムを終了するなど、空きメモリを増やした上で再試行してみましょう。
 

.
【4】電子公文書が文字化けする場合の対処方法
公文書のXMLファイルを保存しているフォルダ内に、XSLスタイルシートがあるかご確認ください。

 
電子公文書はXMLファイルと、XSLファイルがセットになっており、この2つのファイルを別のフォルダに分離してしまうと、正しく表示できなくなってしまいます。
 
パソコン内の別の場所や、他のパソコンにファイルを移動するときは、2つのファイルを同じフォルダ内に格納するよう、注意が必要です。
 




.
【5】電子公文書と電子証明書の有効期限が一致しない場合
電子公文書をダウンロードすると、その有効期限が、電子証明書の有効期限と一致しない場合があります。
電子公文書の有効期限と、電子証明書の有効期限は必ずしも一致するとは限りません。
電子証明書の有効期限が終了し、証明書の検証結果が失効してしまったときでも、電子公文書自体は有効期限前で有効という場合があります。

.
【6】電子公文書の検証方法
電子公文書は、e-Gov電子申請システムの「公文書署名検証機能」を利用して検証することができます。
「公文書署名検証」とは、e-Gov電子申請システムから取得した電子公文書が改ざんされていないかどうか付与されている電子証明書が有効かどうかを検証します。
 
検証は、e-Gov電子申請システム(Webページ)から行えます。
電子申請メニューの中から「公文書署名検証」タブをクリックし、「公文書署名検証」をクリック、検証を行いたい電子公文書を選択し、検証を開始します。
 
.
【7】電子公文書を検証したら「改ざんされています」と表示された場合
電子公文書を、e-Gov電子申請システムの「公文書署名検証機能」を利用して検証した結果、「改ざんされています」と表示されてしまった場合は、公文書の発行元府省庁に直接問い合わせを行いましょう。




うさぎ
なるほど。何かちょっとずつ分かってきたよ。

うさぎ
実際に電子申請をしてみたいんだけど、今すぐできるの?

パンダ
e-Govの電子申請をするためには、事前準備が必要だよ。

⇒e-Gov(イーガブ)電子申請をするための事前準備

-e-Gov(イーガブ)とは

Copyright© 電子申請まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.