電子申請に関するさまざまな情報を、まとめました

電子申請まとめ

e-Gov電子申請

雇用保険の電子申請「照合省略」とは?

更新日:

うさぎ
パンダゃん、雇用保険関係の電子申請をするときに、照合省略とかいうのがあるって聞いたんだけど・・・一体何なの?

パンダ
照合省略とは、電子申請を行うときに必要な一部の添付書類を省略できるよというものなんだ。

うさぎ
それは、手間を省けてよさそうだね。

雇用保険の電子申請「照合省略」とは?

【1】照合省略とは?
【2】照合省略できるのは誰?社労士は可能?
【3】照合省略をするには、どうすればいい?
【4】本社と支社をあわせて照合省略の対象とするには?




.

【1】照合省略とは?
照合省略とは、電子申請で離職票の手続きをする際に必要とされている離職者の記載内容確認書および事業主や社労士の疎明書の添付を省略することができるというものです。

参照)
⇒電子申請で、社会保険の離職票交付はできるの?
⇒離職票に関する電子申請「疎明書」とは?

照合省略は、これらの書類を添付することが省略できるだけであることに注意が必要です。
添付すべき書類はそろえることまでは、正しく行う必要があります。
添付すべき書類は、後日確認することもありますので、保存を行っておきます。




.

【2】照合省略できるのは誰?社労士は可能?
照合省略をすることができる対象者は、①届出内容とその関係書類との照合を省略することが認められた事業主等(照合省略対象事業主) ②社会保険労務士 となっています。




.

【3】照合省略をするには、どうすればいい?
照合省略をするためには、電子申請利用の際の確認書類の照合省略に係る申出書を記入し、都道府県労働局(ハローワーク)へ送ります。
電子申請利用の際の確認書類の照合省略に係る申出書の雛形は、各労働局ホームページなどに公開されており、無料で使用することができます。
例)東京労働局




.

【4】本社と支社をあわせて照合省略の対象とするには?
本社と複数の支社があるような大きな企業の場合に、支社も含めて照合省略の対象とすることはできるのでしょうか?

本社が照合省略事業所となっており、且つ、本社が定期的に⽀社の事務処理担当者へ研修等を実施しているなど、支社を含めた適正な届出を行うことができる場合には、本社と支社を合わせた照合省略の対象となります。

必要な手続きとしては、本社の所在地を管轄するハローワークに「本社一括申請における照合省略承認申請書(電子申請用)」を提出し承認をもらうことになります。
「本社一括申請における照合省略承認申請書」は、労働局ホームページで公開されているものを無料で使用できます。
例)東京労働局

「本社一括申請における照合省略承認申請書」が承認され、電子申請による本社⼀括申請を⾏う場合に、本社と同様に⽀社の⼿続についても照合省略をする場合は、「本社⼀括申請における照合省略承認通知書(電子申請用)」の添付が支社ごとに毎回必要になります。





うさぎ
ふむふむ。照合省略をするには、手続きが必要なんだね。

パンダ
本社や支社の一括申請も可能だから、電子申請をすると便利だよね。




-e-Gov電子申請

Copyright© 電子申請まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.